フランス生まれのプライドボディボード

プライドボディボード

プライドボディボードとは

1999年にフランスのビアリッツで小さなワークショップからスタートしたフランス発のボディボードブランドです。

2006年にはオーストラリア市場を始め国際的に拡大しました。




革新的なプロモーションを通じてプライドボディボードは世界で最もダイナミックなボディボードチームを編成。

★若さ
★パフォーマンス
★イノベーション

チームはこの3点に基づいています。

プライドラボを設立し徹底的な素材、流体力学などの研究開発により
ボディボード業界の国際的リーダーとなりました。




優れたブランドイメージとメインチームのピエール・ルイス・コステス(フランス)−2x World Championまた女性初の選手イザベラ・ソーサ(ブラジル)−4x World Championにより世界展開を今後も続けます。

選手の能力の更に引き出すためにチームライダー
★ルイー・フィネガン(オーストラリア)
★トリスタン・ロバーツ(南アフリカ)
★大原沙莉(日本)らを可能な限り世界ツアー
フリーサーフィンの場所へフォローしています。

いまや世界最高峰のブランドとして
世界28か国で展開しているプライドボディボードが2019年日本初上陸。
男女共ワールドチャンピオンに輝いたライダー


 

ピエール・ルイス・コステス(PLC)

1990年1月25日フランス生まれ
世界で最も優れた選手の一人で彼の代名詞である
【バックフリップ】は芸術的な領域のアクション!

9歳でボディボードを始め12歳でフランスの
ジュニアチームに加入し14歳の時に初めて
ヨーロッパチャンピオンを獲得しました。

2011年に最終まで大接戦の末、逆転で
自身初のワールドチャンピオンに輝き、
これまで数々のタイトルを手に入れてきた
フランスボディボード界の英雄。

フランス全土で最も販売数を誇るのがピエールが愛用するボディボード【THE ANSWER】



 

イザベラ・ソーサ

1989年12月15日ブラジル生まれ
想像つかない爆発的に身体能力とパワフルなライディングを繰り広げ
世界チャンピオン4回を誇る絶対的世界女王


身長160cmと決して大柄ではないキュートで可愛い彼女が男性にも引けを取らない
ハイパフォーマンスなライディングをするのか不思議でならない。



2017年APB田原プロに参戦来日した時に日本の小波から台風の大きな波まで乗りこなす
彼女が愛用するボードには、
いつもQUEEN-HIGHがあった。