フランス生まれのプライドボディボード

プライド ボディボード

プライドボディーボードは、世界をリードするボディーボードブランドです。

私たちの物語

1999年、プライドボディボードは、ヨーロッパのボディボードを世界のボディーボードシーンの最前線に押し上げるという明確な目的を持って作成されビアリッツの小さなワークショップでプロダクションがスタートしました。

2004年、プライドの創設者イマノール・アリザバラガがインドネシアのジャワにある新しい工場から生産を開始するために、それぞれの知識を関連付けることにし今日まで、コミュニティ全てのメンバーによってボディボーディング業界で最高の工場であると考えられています。

プライドは、ボディボードのハードコアな側面に焦点を当てた最初の会社の1つでもありました。プライドはカナリア諸島の巨大な未知なる棚波を宣伝しました。現在「エルフロントン」という名前で知られています。

 

これらの要素の組み合わせにより、プライドボディボードは迅速な国際開発を実現しました。実際、10年も経たないうちに、フランスのブランドはヨーロッパ、ハワイ、南アフリカ、ラテンアメリカ、オーストラリアの至る所に広まりました。



チームインターナショナルプライドボディーボード


・ピエール・ルイス・コステス:フランス
(世界チャンピオン2回:多くの同業者から常に最高のボディーボーダーと見なされています)

・イサベラ・ソーサ:ブラジル
(世界チャンピオン4回:女性世界チャンピオン最多タイの絶対女王)




そして2019年男女共に世界を制した
・トリスタン・ロバーツ:南アフリカ
(世界チャンピオン1回:今後更なる活躍が期待されるNo1)
・大原沙莉:日本
(世界チャンピオン1回:2019年からチーム加入)

・ルイー・フィネガン:オーストラリア
・マティアス・ディアス:チリ

彼らによって構成されています。


 

プライドは、2019年のボディボーディングワールドツアーAPBの2つの主要なイベントであった、アントファガスタボディーボードフェスティバル2019やアリカカルチュラボディーボード2019などのイベントをサポートする国際舞台へのコミットメントを引き続き示しています。


ボディボーディング業界におけるブランドのインプットは、ハイエンドの高品質製品とPrideLab®による最高レベルの研究開発によっても説明できます。最近、シングルからダブルのコンケーブボードなどのイノベーションをリリースしました。



2016年には、比類のない人間工学とパワーで有名なVulcan V1、V2、V3の作成

私たちは2020年現在、製品の環境への影響を軽減し、妥協することなく製品の性能を向上させることに注力しています。リサイクルされた最初のポリエチレンボディボードと、最低40%のリサイクル天然ゴムを含む新しい範囲のバルカンスイムフィンをお届けできることを誇りに思います。

ここに未来が来る
HERE COMES THE FUTURE

持続可能なプロジェクト、PrideLab®の革新、チーム、および専用のカテゴリのビデオについて詳しく知ることをお勧めします。

プライドチーム。

 



 

ピエール・ルイス・コステス(PLC)

1990年1月25日フランス生まれ
世界で最も優れた選手の一人で彼の代名詞である
【バックフリップ】は芸術的な領域のアクション!

9歳でボディボードを始め12歳でフランスの
ジュニアチームに加入し14歳の時に初めて
ヨーロッパチャンピオンを獲得しました。

2011年に最終まで大接戦の末、逆転で
自身初のワールドチャンピオンに輝き、
これまで数々のタイトルを手に入れてきた
フランスボディボード界の英雄。

フランス全土で最も販売数を誇るのがピエールが愛用するボディボード【THE ANSWER】



 

イザベラ・ソーサ

1989年12月15日ブラジル生まれ
想像つかない爆発的に身体能力とパワフルなライディングを繰り広げ
世界チャンピオン4回を誇る絶対的世界女王


身長160cmと決して大柄ではないキュートで可愛い彼女が男性にも引けを取らない
ハイパフォーマンスなライディングをするのか不思議でならない。



2017年APB田原プロに参戦来日した時に日本の小波から台風の大きな波まで乗りこなす
彼女が愛用するボードには、
いつもQUEEN-HIGHがあった。