フランス生まれのプライドボディボード

プライド インターナショナル チーム

 

ピエール・ルイ・コステス:フランス

今日世界で最高のボディーボーダーのような彼の仲間によって認識されています。
2011年および2016年の世界チャンピオン。

ピエール・ルイ・コステスは1990年1月25日に生まれました。彼はモロッコでボディーボードを始め、その後フランスに移り、ホセゴーの悪名高いビーチブレイクでのサーフィンを磨きました。彼は、2009年のパイプラインイベントで準優勝したオーストラリアへの長期旅行の後、2000年代後半に世界の舞台で爆発しました。Pierre-Louis Costesは2011年からPride Bodyboardsに参加しており、独自のテンプレートThe Answerで世界タイトルをすべて獲得しています。それ以来、彼は世界を支配しています。



イザベラ・ソーサ:ブラジル

史上最高の女性のボディーボーダー。
4Xワールドチャンピオン。

イサベラ・スーザは、1989年12月15日にブラジルのフォルタレザで生まれました。イサベラは最年少以来、世界に感銘を与え、波乗りへのアプローチにおいて信じられないほどのテクニックと急進主義を示しました。4つの世界タイトルを獲得した彼女は、一生を過ごすためにポルトガルに移ることに決めました。彼女は、採用国に移住してから6か月後に欧州タイトルを獲得し、2019年に連続してETBタイトルを獲得しました。彼女は悪名高いVlog #Ondabelaを通じてポルトガルとブラジルの若者を鼓舞します。彼女は2011年からプライドボディーボードに乗っており、プライドボディーボードとモデルのクイーンクイーンに乗って3つの世界タイトルを獲得しています。




トリスタン・ロバーツ:南アフリカ

2019 APB世界チャンピオン。

トリスタンリーロバーツは、1997年1月31日に南アフリカで生まれました。彼は世界中の彼の世代の最大の希望の1つでした。タナーのような人と一緒に、彼らは大規模な放送の新しいベンチマークを設定しました。トリスタンはどんなにひどいものであっても、目の前のすべてのセクションを攻撃します。彼は2018年のワールドツアーでメンズ部門のイベントに勝ち始め、2019年にイタコアティアラプロとツアーの最終段階で優勝した後、彼の最初の世界タイトルを獲得しました:グランカナリアフロントンキング、地元のホットショットと2倍の勝利タフな決勝で世界チャンピオンのアマウリ・ラヴェルヌ。トリスタンは2011年からプライドボディボードに乗っています。



大原 沙莉:日本

2019 APB世界チャンピオン。

大原沙里は1995年4月21日に日本の一宮で生まれました。11歳でボディーボーディングを開始し、2011年にワールドツアーに参加しました。彼女は2018年ベスト女性パフォーマンスAPB賞を受賞し、今年後半にプライドボディーボードチームに参加しました。彼女はプライドボディーボードのライディングを始めて以来、ワールドツアーで2019年のシントラプロで優勝し、ベラビスタイキケプロとアントファガスタボディーボードフェスティバルで2位に入賞して最高の結果を残しました。彼女は最終的に2019年の世界タイトルを獲得しました。


ルイ―・フィネガン:オーストラリア

ウェストオズグル。

1994年8月9日に生まれたレビーフィネガンは、西オーストラリア州で育ち、そこでボディボーディングを始め、ボディーボーディングのための世界最高の波のいくつかでスキルを磨きました。彼がなぜ世界で最高のフリーボディーボーダーの一人になったのも不思議ではありません。Pride Bodyboardsが発表した彼の編集Glewten Freeは、Vimeo®で最も視聴されている25万2千回以上のボディーボード動画です。ケリー・スレーターは、レビーの才能と大規模なスラブを充電する能力を認めるために、ビデオを共有するために時間を費やしました。


マティアス・ディアス

チリとボリバルのチャンピオン。

マティアス・ディアスは1994年10月5日にチリのアントファガスタで生まれました。彼は7歳で兄弟ニコラス、マックス・イ・セルジオとボディーボードを始め、トコピラのビーチへの道を教えてくれました。波は常に良いとは限らず、彼は南米で最高のボディーボーダーの一人になるまでモチベーションを保ち、完璧なスタイルを開発しました。現在、彼はイキケに住んでおり、そこでライフガードとして働いており、ほとんどのチリの最高の波があり、全能のFloposをサーフィンするためにAricaに頻繁に旅行しています。


キャロライナ・ボッテリ

ISAジュニアワールドチャンピオン? 6xペルーチャンピオン。

カロライナボッテリは、1996年8月16日にペルーのリマで生まれました。2014年からプライドボディーボードに乗っており、それ以来、完璧な波を求めて世界中を旅しています。彼女のお気に入りの波はインドネシアのワトカルンです。毎日のサーフィンに加えて、彼女はペルーで最高のボディーボーディングスクールのボディーボーディングコーチでもあります。






10月12日から26日まで
スペイン・カナリア諸島・グランカナリア島で行われる
APBワールドツアー
「APB Gran Canaria Fronton King」

この大会で2019年シーズンの
ワールドチャンピオンが決まる最終戦

大会のライブ配信は↓から
https://www.facebook.com/apbtour/app/100265896690345/



現在APBワールドツアーランク
1位 大原沙莉(23480ポイント)
2位 鈴木彩加(20450ポイント)
3位 イザベラ・ソーサ(18020ポイント)

世界1位の大原沙莉(23480ポイント)
ランキング2位で茅ケ崎出身の昨年日本人初の世界チャンピオンに輝いた鈴木彩加(20450ポイント)と日本人選手がランキング1位、2位に。

ランキング3位は過去に世界チャンピオンを4回獲得しているブラジルのイザベラ・ソーサ(18020ポイント)

 

この大会が最終戦
ポイント配分は

優勝8000ポイント
2位6880ポイント
3位5840ポイント
5位4880ポイント
9位4000ポイント

この結果で2019年シーズンのAPBワールドチャンピオンが決定。

1位大原沙莉と2位鈴木彩加の差は3030ポイント。
3位イザベラ・ソーサとの差は5460ポイント

大原沙莉が3位以上でワールドチャンピオン決定。
仮に鈴木彩加が優勝、大原沙莉が5位となると90ポイント差で鈴木彩加が逆転する構図。

ちなみに昨年のフロントンはイザベラ・ソーサが優勝している。

ここまで2019年ツアーを振り返る

APBワールドツアー2019年シーズン6月22日から
チリ・イキケで行われた開幕戦
右から地元Anais Velis (Chile)が優勝
準優勝 大原沙莉
3位イザベラ・ソーサ、鈴木彩加




7月4日からチリ・アントファガスタで行われた第2戦
優勝 鈴木彩加
準優勝 大原沙莉
3位イザベラ・ソーサ、ジョアナ・シェンカー




大原沙莉 ポルトガル・シントラPRO 優勝
2019年9月10日〜15日まで開催していたAPBワールドツアー第3戦
ポルトガル・シントラPROにおいて大原沙莉選手が今季初優勝。
優勝 大原沙莉
準優勝 アレキサンドラ・リンダ―
3位 テレサ・ミランダ、ララ・アスカリオ


今季3回目の決勝戦で見事優勝し、APBワールドツアー世界ランキング1位にランクアップ。


大原沙莉選手から

「3戦目で、やっと優勝する事ができました!今年は何かが自分の中で変わろうとしている。
何とはまだ明確には分からないけれど自分の力をここまで信じれたのは、応援してくれた皆さんと、いつも最高のサポートをしてくれるスポンサーさんと友達・家族のおかげです。
ありがとうございます。ランキング1位になり残すは最終戦フロントンです!応援宜しくお願いします。」 と連絡が入りました。


目指していた日本人初となるAPBワールドチャンピオンは

昨年、鈴木彩加選手が獲得し
悔しさからスタートした2019年シーズンの大原沙莉。

念願のワールドチャンピオンを自身の手で掴む所まで来た。
プレッシャーを力に変えて世界の頂点に挑む!


 
 

大原沙莉
日本を代表するプロサーファー
2015年US OPEN 優勝
日本人初となる快挙を成し遂げた 大原洋人 は弟

1995年4月21日 
千葉県 一宮町 在住
特技・エルロロ ARS 
プライドボディボード (ワールドチームライダー)

2012年ベネズエラ マルガリータ島で行われた
ISAボディボード世界選手権大会に
ウィメンズクラスで日本代表として出場
日本人初の快挙となる優勝を飾る


※写真 APBワールドツアーストークドマガジン