フランス生まれのプライドボディボード

日本の大原沙莉が2019年シーズンAPBワールドチャンピオンに王手



10月12日から26日まで
スペイン・カナリア諸島・グランカナリア島で行われる
APBワールドツアー
「APB Gran Canaria Fronton King」

この大会で2019年シーズンの
ワールドチャンピオンが決まる最終戦

大会のライブ配信は↓から
https://www.facebook.com/apbtour/app/100265896690345/



現在APBワールドツアーランク
1位 大原沙莉(23480ポイント)
2位 鈴木彩加(20450ポイント)
3位 イザベラ・ソーサ(18020ポイント)

世界1位の大原沙莉(23480ポイント)
ランキング2位で茅ケ崎出身の昨年日本人初の世界チャンピオンに輝いた鈴木彩加(20450ポイント)と日本人選手がランキング1位、2位に。

ランキング3位は過去に世界チャンピオンを4回獲得しているブラジルのイザベラ・ソーサ(18020ポイント)

 

この大会が最終戦
ポイント配分は

優勝8000ポイント
2位6880ポイント
3位5840ポイント
5位4880ポイント
9位4000ポイント

この結果で2019年シーズンのAPBワールドチャンピオンが決定。

1位大原沙莉と2位鈴木彩加の差は3030ポイント。
3位イザベラ・ソーサとの差は5460ポイント

大原沙莉が3位以上でワールドチャンピオン決定。
仮に鈴木彩加が優勝、大原沙莉が5位となると90ポイント差で鈴木彩加が逆転する構図。

ちなみに昨年のフロントンはイザベラ・ソーサが優勝している。

ここまで2019年ツアーを振り返る

APBワールドツアー2019年シーズン6月22日から
チリ・イキケで行われた開幕戦
右から地元Anais Velis (Chile)が優勝
準優勝 大原沙莉
3位イザベラ・ソーサ、鈴木彩加




7月4日からチリ・アントファガスタで行われた第2戦
優勝 鈴木彩加
準優勝 大原沙莉
3位イザベラ・ソーサ、ジョアナ・シェンカー




大原沙莉 ポルトガル・シントラPRO 優勝
2019年9月10日〜15日まで開催していたAPBワールドツアー第3戦
ポルトガル・シントラPROにおいて大原沙莉選手が今季初優勝。
優勝 大原沙莉
準優勝 アレキサンドラ・リンダ―
3位 テレサ・ミランダ、ララ・アスカリオ


今季3回目の決勝戦で見事優勝し、APBワールドツアー世界ランキング1位にランクアップ。


大原沙莉選手から

「3戦目で、やっと優勝する事ができました!今年は何かが自分の中で変わろうとしている。
何とはまだ明確には分からないけれど自分の力をここまで信じれたのは、応援してくれた皆さんと、いつも最高のサポートをしてくれるスポンサーさんと友達・家族のおかげです。
ありがとうございます。ランキング1位になり残すは最終戦フロントンです!応援宜しくお願いします。」 と連絡が入りました。


目指していた日本人初となるAPBワールドチャンピオンは

昨年、鈴木彩加選手が獲得し
悔しさからスタートした2019年シーズンの大原沙莉。

念願のワールドチャンピオンを自身の手で掴む所まで来た。
プレッシャーを力に変えて世界の頂点に挑む!


 
 

大原沙莉
日本を代表するプロサーファー
2015年US OPEN 優勝
日本人初となる快挙を成し遂げた 大原洋人 は弟

1995年4月21日 
千葉県 一宮町 在住
特技・エルロロ ARS 
プライドボディボード (ワールドチームライダー)

2012年ベネズエラ マルガリータ島で行われた
ISAボディボード世界選手権大会に
ウィメンズクラスで日本代表として出場
日本人初の快挙となる優勝を飾る


※写真 APBワールドツアーストークドマガジン