フランス生まれのプライドボディボード

世界最高峰ボディボードブランドのこだわりと未来へ

 

全てのPEボードにリサイクルポリエチレンコアを使用しています


持続可能性
環境への影響を減らす必要性は、年々明らかになってきています。ボディボードを目的に世界中を旅していると、海洋プラスチック汚染や汚染全般に目を見張るものがあります。それにもかかわらず、持続可能な開発は私たちにとって海の保護以上のものです。私たちは、公正な方法で労働者を扱うサプライヤーを選び、プラスチック、ゴム、布地など、ますます環境に優しい素材を選んでいます。最後に、私たちは社会的・環境的プロジェクトにも参加しています。

このセクションでは、当社のさまざまな活動を詳しくご紹介します。

未来はここにある

当社では、すべてのボードにリサイクルされたポリエチレングリコールコアを使用しています。
2019年9月より、毎年30%を占めるプライドボディボードが製造するすべてのポリエチレン製ボードは、リサイクルポリエチレン製の素材を使用することになりました。これらの素材は、リサイクル素材を最低63%含むことが認証されています。



プライドボディボードは、再生ポリエチレンボードを使用した最初の会社です。
63%のリサイクル材を使用することで、環境への影響と変化をもたらしながら、従来のPEボードと同じ品質の最終製品を保証することが可能になりました。

価格は?
これらのボードは、リサイクルされていないPEボードと同じ価格で消費者に販売されます。表示またはコミットメントのために、我々はこれらのボードの生産に関連する余分なコストを吸収することにしました。余分なコストは、実際に板を購入する際に発生しますが、製造工程でも発生します。

プライドボディボード芯材の重さが約1.5キログラムで、年間平均2000枚のPEボードが生産しています。ですからリサイクル63%で毎年平均2トンの原料ポリエチレンを節約できることになりました。

どうやって?
リサイクルポリエチレンは、原材料が不足しているため、年々入手しにくくなっています。それにもかかわらず、このビジネスのサプライヤー(PE板は断熱材の大手企業が世界中で使用しています)が通常持っている膨大な生産ロットを考慮して、私たちは自社のPEリサイクルボード素材の在庫を購入しなければなりませんでした。これは、ブランドが将来に向けて大きな投資をしたことを表しています。私たちはまた、ボード製造段階であるラミネーションのプロセスを新しい温度と時間に適応させなければなりませんでした。1年の研究開発、テストの後、2019年9月製造からは最終消費者に販売することができました。



私たちの合言葉は 【ここに未来がやってくる!】です




私たちのボディボードフィンには、リサイクルされた天然ゴムを使用しています。
ここプライドボディボードでは、2019年9月以降に生産される全てのスイムフィンにリサイクルプレミアムマレーシアゴムを40%使用しています。


なぜでしょうか?
ボディボード業界のフィンのほとんどは天然ゴムを使用しています。私たちのもそうです。天然ゴムはヘベアの木から採れるからエコだという人もいますが、それにもかかわらず、ヘベアの木はスイムフィンを作るために膨大な量の土地を必要とし、それは熱帯雨林のために利用可能な土地の減少を意味し、したがって、生物多様性を意味します。私たちがフィンに使用する天然ゴムの使用量を減らすことで、製品を作るために必要な土地を減らすことができます。生物多様性が繁栄するための空き地になるのです。よって自然を守る事に繋がります。




どのようにして?
私たちは、科学者によって開発された独自の処方を使用して、新しいフィンのコンセプトに固形ゴムを再配合することを可能にしています。最終消費者が以前に使用したことのないゴムのみをリサイクルします。例えば、品質の低い製品になるような古いタイヤはリサイクルしません。また、工場で使用されずにゴミになってしまった天然ゴムのリサイクルも行っています。

40%のみ?
私たちは、私たちのフィンにリサイクル素材を使用している唯一のボディボード会社です。40%のリサイクルプレミアム天然ゴムをフィンに組み込むことで、環境に実際の影響を与えながらも、市場で入手可能な最高品質のフィンであることを保証することができます。デザインやカラーも、競合他社と同等かそれ以上に優れており、浮くフローティングフィンであることを保証します。
合計すると、年間1.8トン以上のゴムを節約することになります。皆様のご支援があれば、さらに上を行くことができます。
"ゴムの苗木から育てた場合の平均収量は、1ヘクタールあたり年間375kgになると予想されています。
" www.agrifarming.in より抜粋 このプロジェクトにより、南アジア諸国の耕作地を約4,85ヘクタール節約することができます。



ここに未来がやってくる